医療費通知を送付します

          
 病気やケガの治療のため、組合員証(組合員被扶養者証)を提示して病院等を受診した場合、皆さんが窓口で医療費の一部を支払い、残りの額は共済組合(保険者)が支払っています。共済組合からの病院等へ支払われる医療費は、組合員の掛金と地方公共団体等の負担金でまかなわれています。
   共済組合では、この大切な掛金や負担金を有効に使うため、また、医療費についての認識と理解を深め、皆さんの健康管理に役立てていただくことを目的として、医療費総額や共済組合が支払う額などを記載した医療費通知の送付を行っています。
   また、税制改正等により所得税等の医療費控除の申告手続が、従来の医療費の領収書の添付等に代わり、「医療費控除の明細書」を添付する方式に改められました。これに伴い、「医療費控除の明細書」として、共済組合が発行する医療費通知が活用できます。

   医療費通知は、病院など保険医療機関からの診療報酬明細書等(レセプト)をもとに組合員(世帯)単位で作成され、組合員と被扶養者が同じ通知書に記載されますので、被扶養者の方にもこの通知の実施をお伝えいただき、差し支えがある場合はお申し出ください。

   この通知書は、個人情報保護法による通知の同意について、不要である旨等の意思表示がない方全員に送付させていただいております。


 ○ 通知発行年月  令和3年1月予定
 ○ 通知対象診療月 令和2年1月~10月診療分

 

PageTop

閉じる